Photo & Shot

土木のロマン

120年もの歴史を刻み滔々と流れる琵琶湖疎水、それを支える水路閣
琵琶湖から宇治川に注ぐ琵琶湖疎水
工事の主任技術者田邊朔郎は、なんと弱冠25歳の青年だった
田村喜子さんの「京都インクライン物語」を読んで
この場に立ちたいとずっと思っていたが、やっと実現した
滔々と流れる疎水の流れと水路閣は、土木のロマンそのものだった

f0167482_17134626.jpg
京都・南禅寺 水路閣(2009)/FM2・ Carl Zeiss Planar T* 50mm 1:1.4 / Kodak GC 400 ・モノクロ変換
f0167482_17164739.jpg
京都・南禅寺 水路閣(2009)/FM2・ Ai AF Nikkor 18mm 1:2.8D / Kodak GC 400 ・モノクロ変換
f0167482_1717352.jpg
京都・南禅寺 水路閣(2009)/FM2・ Ai AF Nikkor 18mm 1:2.8D / Kodak GC 400 ・モノクロ変換




琵琶湖疎水の大きな目玉は琵琶湖と京都を結ぶ舟運だった
九条山から蹴上にかけては標高差36m、勾配1/15の急坂
とても舟が行き来できる勾配ではない
そこで考えられたのがインクライン、今で言う傾斜鉄道、ケーブルカーだ
三十石船がそのまま台車に乗せられて蹴上船溜と南禅寺船溜を行き来する
そのさまは「舟が山を登る!」、と弁当を持っての見物客で賑わったという
今は、錆びたレールが当時を偲ばせる
かつてのインクライン、京都名所帳 より

さて、自分が設計した道路は
100年後に土木のロマンと言ってもらえるだろうか・・・。。。

f0167482_17183536.jpg
京都・蹴上インクライン跡(2009)/FM2・ Ai AF Nikkor 18mm 1:2.8D / Kodak GC 400 ・モノクロ変換
by maa1954 | 2009-03-08 20:32 | FM2 | Comments(4)
Commented by chibi at 2009-03-09 00:00 x
かっちゃんも、南禅寺に行ったの~?
モノクロだと、一段と歴史を感じさせる写真になるね^^

私も、この南禅寺の水路閣、思い出がい~っぱいあって
大好きなところなんだよね・・・・
何だか、懐かしく思えちゃった*^^*

こんなところにってとこにあるんだよね?
Commented by かっちゃん at 2009-03-09 20:48 x
chibiちゃん、こんばんわ♪
はい、行って参りました~(^-^)
自分のイメージでは、水路閣はモノクロです~

chibiちゃんは水路閣にいっぱい思い出があるんだ
懐かしく思ってもらって良かった(^-^)
自分はただただ土木のロマンに浸ってばかりでした(笑)

>こんなところにってとこにあるんだよね?
ほんとそうだよね。きっとここにしか通せない理由が有ったんだろうな。
こんなところ、だからこそ100年経ってもロマンを感じるのかも。。。
Commented by noa at 2009-03-09 20:57 x
インクライン物語、以前かっちゃんに教えて頂いてすぐに買って読みましたよ。
今の土木の機材のことを思うと、考えられないほど、人間の力の粋を集めた工事だったんですよね。
南禅寺に行った時はただ、へ~って言う感じで見たのですが、
本を読むと、細かな苦労など解ってとてもよかったです。
ここは、さすが、モノクロが渋くてかっこいいですね。
Commented by かっちゃん at 2009-03-09 21:23 x
noaさん、こんばんわ♪
「インクライン物語」、noaさんも読まれましたか(^-^)
水路閣とインクラインに対する想いはずっと心の奥底に潜んでいたのですが、
noaさんの記事を拝見してムクムクッと目を覚ましてしまいました(笑)
それから随分と時間が経ってしまいましたが、やっとあの場所に立つことが出来ました(^-^)
何度も足を運んで土木のロマンに浸りたい所です。

やっぱりモノクロですよね(^-^)
ありがとうございますm(__)m